アイピルの画像とアフターピルを安価に手に入れる方法を説明する女性の写真

万が一のことがあり妊娠してしまった場合に使用するアフターピルですが、一般的に保険は適用されないので費用は若干高くついてしまいます。こちらではアフターピルを安価に入手する方法や特徴を解説したいと思います。

アフターピルが保険適用外の理由

アフターピルはホルモン剤のため保険は適用されません。アフターピルは医薬品ではありません。
避妊に失敗したときに飲むホルモン剤です。女性が性行為のときに避妊を怠ったときに、性行為後に服用するホルモン剤です。
女性ホルモンを急速に増加させる効果がありますので、子宮口に入り込んだ精子が着床する前に、強制的に生理を発生させ、子宮口に入り込んだ精子を体外に排出させます。あくまでもホルモン剤であり医薬品ではありません。
生理周期と関係なしに強制的に生理を発生させるために、生理と同じ症状は発生します。具体的には嘔吐や頭痛が発生します。
強制的に生理を発生させるということにより不安な人も多いですが、女性ホルモンを増加させるだけですので、かえって生理周期が安定したり、肌の若返りが即されます。男性を信用していても、コンドームが破れてしまったり、体外に出すから大丈夫という言葉を信じて避妊に失敗する可能性はあります。
望まない妊娠を防ぐには、女性は自分の身は自分で守らないといけません。
アフターピルは主に海外の個人輸入の通販サイトで販売されています。
保険適用外商品ですので、少々割高ですが、カードケースに入る程度の大きさですので常備しておいても安心です。
女性もアフターピルを持ち歩いていれば妊娠の心配もなくなるので、何に対しても行動的になることが可能です。
女性は自分の身は自分で守るものです。アフターピルは避妊薬だと勘違いしている人は認識を改めてもらえればと思います。
あくまでも、ホルモン剤であり、医薬品ではありません。女性ホルモンを急速に増加させ、子宮口に入り込んだ精液が着床する前に、生理を起こし、精子を子宮外に排出させることを誘引するホルモン剤です。何も心配はありません。