アイピルの画像とアフターピルを安価に手に入れる方法を説明する女性の写真

万が一のことがあり妊娠してしまった場合に使用するアフターピルですが、一般的に保険は適用されないので費用は若干高くついてしまいます。こちらではアフターピルを安価に入手する方法や特徴を解説したいと思います。

アフターピルは産科で処方?Aリポ酸との併用は?

アフターピルは、性交渉の際に避妊に失敗した場合に服用して、妊娠を回避するための薬で、緊急避妊薬とも呼ばれます。アフターピルには2種類あり、中用量ピルのプラノバールを使うヤッペ法と、緊急避妊薬として開発されたノルレボ錠を使う方法です。
いずれも処方は産科・婦人科で処方してもらいますが、アフターピルを取り扱っていない産科・婦人科もあるため、電話等で確認していから来院するとよいでしょう。本人が受診する必要があります。また、アフターピルは性交渉の72時間以内で、なるべく早く服用するほど効果が高いことも知っておきましょう。
ヤッペ法は、プラノバールを2錠服用した後、12時間後に再び2錠服用します。吐き気が強く出て、嘔吐するケースもありますが、短時間で嘔吐してしまった場合には再服用の必要があります。ノルレボ錠は、1回の服用で終了し、吐き気なども副作用も少ないというメリットがありますが、価格は高くなります。
抗生物質や水虫の飲み薬、抗不安薬、睡眠薬、てんかんの薬の中には、ピルの効果を下げる薬がありますので、これらを服用している場合には、アフターピルを処方してもらう際に、医師に相談してください。また、ダイエット系サプリによく含まれるセント・ジョーンズ・ワートもピルの効果を下げます。ダイエット系でもAリポ酸が含まれるタイプは、問題ありません。
アフターピルを服用後、効果があったかどうかは生理が来て初めて判明します。生理予定日を1週間過ぎても生理が来ない場合や、いつもの生理と違う場合には、受診して相談してください。また、服用後の性交渉には避妊効果がありません。排卵がずれる可能性がありますので、妊娠を望まない場合には、確実に避妊するように注意が必要です。