アイピルの画像とアフターピルを安価に手に入れる方法を説明する女性の写真

万が一のことがあり妊娠してしまった場合に使用するアフターピルですが、一般的に保険は適用されないので費用は若干高くついてしまいます。こちらではアフターピルを安価に入手する方法や特徴を解説したいと思います。

避妊に失敗したら専門外来でアフターピルを

コンドームをつけて性交渉を行っていても、破れたり外れてしまって避妊に失敗してしまうことがあります。
そんな時は慌てることなくアフターピルを処方してもらいましょう。アフターピルは避妊に失敗した後に服用することによって、体内の女性ホルモンの濃度を変えて妊娠してしまうことを防ぎます。
アフターピルを服用すると排卵前なら排卵を抑制し、精子の動きを遅くするために子宮内の粘膜の粘度をあげます。
さらに受精卵のゆりかごとも言われている子宮内膜を剥がしてしまうことで、受精卵が出来ていたとしても着床しないような環境を作り出します。
服用のタイミングは避妊に失敗してから72時間以内ですが、服用のタイミングが早ければ早いほど避妊効果は上がるため、なるべく早く処方を受けるようにしましょう。
アフターピルは通常の産婦人科では処方をしていないところもあるため、ピル外来など専門的にピルを処方している病院を探すと処方してもらうことが出来ます。
健康保険は利用できないため全額自費での負担となり、病院やアフターピルの種類によっても違いますが10000円前後の費用が掛かります。
アフターピルには中用量ピルが使用されるのですが、その中に配合されている女性ホルモンの濃度が高いため、吐き気や嘔吐、頭痛、胸の張り、むくみなどの副作用が強く出てしまう可能性があります。
24時間ほどで副作用は治まることがほとんどですが、万が一嘔吐してしまった場合には、アフターピルの成分が対内に吸収されていない可能性があるため、処方してもらった病院に連絡して適切な処置を受けましょう。また、吐き気がした場合には、市販の酔い止めなど吐き気を抑える薬を飲んでも問題ないと言われています。